おはようございます!(V)o¥o(V)

本日は月曜日のため、青海公民館はお休みです。
図書館さんもお休みになりますので、返却のご本をお持ちの方はブックポストから投函ください。
ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 
 
 
閑話休題。

コロナウイルスも不安ですし、そろそろインフルエンザも流行り始めそうで不安ばかりが増えますね…。そんな不安を少しでも解消したく、自己免疫力を上げようと緑茶や健康茶を飲んでいます(`・ω・´)

緑茶に含まれる茶カテキンは脳卒中や動脈硬化のリスク低減や認知症予防などの効果があり、インフルエンザの原因となるウイルスに作用して感染を防ぐ働きもあります。
茶カテキンがコロナウイルスを不活性化させる実験結果もあるので、毎日続けて飲みたいですね。
【論文掲載】茶カテキン類による新型コロナウイルス不活化効果を試験管内の実験で確認(京都府立医科大学と伊藤園の共同研究)
 
 

健康茶への知識はあまりなかったので、今いろいろ試しに飲んでいるところです(各お茶の効能についての説明はネット上の情報を引用しております)。

「はとむぎ茶」・・・“ハトムギは麦の一種ですが、良質のアミノ酸のバランスが穀物のなかで一番優れ、栄養価が高い食材です。 利尿作用があり、腎臓の働きを活発にしてくれるほか、食物繊維が豊富で便秘の改善にも。 さらに肌のトラブルにも効果が期待できます。”

「とうもろこし茶」・・・“抗酸化作用のあるビタミンで、細胞の酸化(老化)を防いでくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。 また、ビタミンEには血行促進効果もあり、冷え症にも効果的です。”

「杜仲茶」・・・“心臓や肝臓などの負担を軽減し、むくみをとり、血行障害にも働きかけます。 記憶力や学習能力を高める効果 杜仲茶に含まれるイリドイドは記憶力の低下を防いだり、認知症を予防する効果があります。”

「桑の葉茶」・・・“糖尿病の予防効果のほかにも、高血圧抑制、血中脂質抑制、便通改善などの効果が知られています。 とくに、栄養成分的には現代人に不足しがちな亜鉛、カルシウムなどのミネラルに富み、食物繊維が多いとの報告があります。”

「松葉茶」・・・“常飲していると、高血圧に効果が大きい。 強壮作用もあり、不老長寿の妙薬とされている。 中国では松葉茶がボケ防止によいとして愛飲されたり、不眠症にもよい。”

このあたりは飲みましたので、ざっくりと味とかの感想を書きます(/・ω・)/
はとむぎ茶ととうもろこし茶は美味しくいただけました。お通じもよくなります。
杜仲茶は少し苦渋いクセがあったので抽出時間を短めにして薄めにすると飲みやすかったです。
桑の葉茶は青臭いお野菜の味がして毎日飲めるかといわれたら難しいですね。
松葉茶は木の幹というか花瓶の水みたいな味がしました。関節痛があった時に飲んでいたら痛みが消えたのと、しばらくすると甘味を感じられるようになったので、できる限り続けてみたいと思います。
※松葉茶は松アレルギーの方は腹痛や肌の炎症を起こす可能性があります。また、ビタミンKが豊富なのでワーファリンなど抗凝固薬を服用中の方は薬の効果が弱まってしまうので飲まないよう注意しましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

10月と11月に金曜ロードショーでヴァイオレット・エヴァーガーデンを放送してくださる嬉しさに胸がいっぱいの加藤